遠藤製作所は新しいものを生み出す活力で、世界の製造業の中で存在感を発揮します。
最先端技術がつくりだす高性能と高品質で、エンドユーザーに感動を与えるものづくりを追求。
世界でひとつの「ものづくりブランド」となるため、自らを磨き続けます。
遠藤製作所は、複合金属製造業の集積地として長い歴史をもつ新潟県燕・三条地域で、精密な金属塑性加工のリーディングカンパニーを目指してきました。遠藤製作所(ENDO MANUFACTURING CO.,LTD.)の「製造(manufacturing)」という言葉は設計・開発を含む広いものづくりを示し、加工プロセスのみの「生産(production)」とは意味が異なります。それが、私たちの企業理念「限りない未来の創造」を支える「ものづくり」の信念です。
 
さらに遠藤製作所の強みは「鍛造」というコアテクノロジーを持つことです。現在ではゴルフ事業、ステンレス事業、鍛造事業を3本の柱とし、日本、タイに事業部門を拡大して、独自の技術を日々進化させています。各事業において、世界のトップブランドのOEM製品製造(他社ブランド製品の生産受託)と、部品の製造を展開。お取引先の求める機能、品質、コストを満たしながら、エンドユーザーにも感動をお届けするものづくりに取り組んでいます。
 
遠藤製作所はアジア・日本を代表する製造企業として、時代性、先進技術、高品質の三位一体の強みをもって、メタル(金属)製品のグローバルなサプライチェーンの中で、欠かせない存在であり続けたいと思っています。

株式会社遠藤製作所
代表取締役社長 長谷川 実

▲ ページトップ