薄肉シームレスパイプの開発提案

 

シームレスパイプ 新規用途の研究開発

遠藤製作所は、OA機器分野で培われた超薄肉シームレスパイプの製造技術を活用して、医療部品、自動車部品、新エネルギー関連分野などの新規用途開発を進めております。薄肉シームレスパイプの材料転換・工法転換のご提案や、量産を前提とした試作品製造も承ります。

導入メリットの一覧

  • ■ OA関連 … 定着ローラー部品の材質転換により、製品の消費エネルギーを大幅に低減
  • ■ リチウム電池 … バッテリーケースに採用され、製品寿命を大幅に向上
  • ■ 医療関連 … 溶接部分が無いため、医療分野へ応用が可能
  • ■ モーター … 薄肉シームレスの特徴を生かし、軽量化・磁性の安定化を実現
  • ■ その他 … 小径でも十分なバネ性があるため、従来にない使用方法を実現
  • ■ すべての採用実績において、エコ ・ 軽量化 に貢献しています。

お客様の技術的なニーズに応じた高精度な薄肉シームレスパイプを製作致します。特殊塑性加工により切粉を出さず使用材料ならびに加工エネルギーの低減・省資源化に寄与いたします。

 

検査室

部門においてはメタルスリーブの開発を進めるために、様々な特性を測定、評価するのに必要な検査・測定設備を所有しています。一例をご紹介します。

  • 円筒度測定機

    メタルスリーブの寸法精度を3次元で測定します

  • 回転疲労試験機

    メタルスリーブの疲労強度を独自の試験方法で測定します

これら以外にも、メタルスリーブのご使用用途に合わせた測定、評価設備を自社で開発しています。

円筒度測定機

回転疲労試験機

 

薄肉シームレスパイプの工法転換

メタルスリーブ活用の一例として、プリンターの定着ローラー部品が上げられます。この定着ローラー部品では、従来の樹脂製から、金属ならではの高い強度と熱伝導性を持つメタルスリーブへの転換を実現しました。実用化にあたっては、技術開発だけでなく、製造装置の設計・製造もすべて自社にて手がけ、コスト面でも圧倒的な競争力を生み出しました。
他にも、バッテリーケース、モーターカバー、シームレスベルト、シームレスリングなど新規開発案件が多数あります。従来ご採用いただいていない分野においても新しい付加価値を提案できると確信しています。ぜひご相談下さい。

 

加工例

各仕様以外の寸法については、別途ご相談下さい。

高精度 超薄肉シームレスパイプ

高精度 超薄肉シームレスパイプ

通常の引き抜きシームレスパイプにない高精度な超薄肉シームレスパイプです。内面しごき絞り加工により、内面高精度パイプを製作できます。また、シームレスパイプの表面に離型性、摺動性や熱吸収性を向上させる表面処理を施することも可能です。

直径 φ18mmからφ45mmまで
板厚 27μmから100μmまで
全長 150mmから400mmまで

高精度 薄肉シームレスパイプ

高精度 薄肉シームレスパイプ

従来の切削加工や引抜加工では実現の難しかった板厚100μmから300μmの範囲においてシームレスパイプの量産化を実現しました。

直径 φ10mmからφ30mmまで
板厚 100μmから300μmまで
全長 150mmから400mmまで

小型超薄肉シームレスパイプ

小型超薄肉シームレスパイプ

従来のシームレスパイプよりも更に小型・薄肉化を実現した新製品です。

直径 φ3mmからφ10mmまで
板厚 15μmから100μmまで
全長 15mmから400mmまで

シームレスリング

シームレスステンレスリング

メタルスリーブをカットしたバネ性の高い薄肉シームレスリングです。究極のバネ性を動画にてご確認ください。

直径 φ3mmからφ30mmまで
板厚 15μmから60μmまで
3mmから30mmまで

シームレスベルト

シームレスステンレスベルト

メタルスリーブに高強度加工を加えた高耐久疲労の薄肉シームレスベルトです。耐熱性や耐溶剤性に優れ、過酷な環境でも使用できます。
>> 詳細はこちらにてご確認ください。

直径 φ20mmからφ160mmまで
板厚 15μmから60μmまで
3mmから400mmまで

底付きのシームレス容器

底付きのシームレス容器

底付きの超薄肉のシームレス容器です。フランジ付き形状も製作可能です。

直径 φ20mmからφ60mmまで
板厚 50μmから300μmまで
全長 50mmから400mmまで


 

 

ステンレス事業部へのお問合せ

株式会社 遠藤製作所 ステンレス事業部
〒959-1289 新潟県燕市東太田987番地 tel.0256-63-6611 fax.0256-66-3133

ステンレス事業部へのお問合せはこちら

▲ ページトップ