ホーム > メタルスリーブ事業

金属の常識を超えるステンレス薄さ10μmのシームレス加工

メタルスリーブ事業についてFor metal sleeve

独自に開発した金属塑性加工技術を駆使したメタルスリーブ
その高い技術力は精密な品質が求められる製品の高度化に貢献
また高品質を保ちながら大量生産を可能にする生産体制を確立
その技術と品質は多様な業界から注目を集め大きな可能性を秘めています

メタルスリーブは遠藤製作所の金属塑性加工技術の進化により生まれました。研究を重ね開発されたメタルスリーブは、10μmという超薄肉な金属シームレス加工を可能とし、高性能なOA機器には欠かせない機能部品として大きなシェアを獲得しています。

これからは環境産業や医療産業など、今後成長が期待される分野へ視野を広げ、オンリーワンの技術で確かな価値を提供していきます。

メタルスリーブ

驚異の薄さとバネ性

メタルスリーブは遠藤製作所が開発した薄肉加工技術です。従来にない薄さと高精度を実現。多様な素材に対応できる技術として注目を集めています。最近では薄さを30μmから10μmへとさらに進化させることに成功。日本、アメリカ、ドイツ、フランス、イギリスで製法特許を取得し、グローバルな展開も目指しています。

一般的な金属管は溶接、引抜き、切削にて製造されますが、メタルスリーブは温間深絞り加工と特殊回転塑性加工を複合した独自の製法により、従来の技術では不可能とされていた高精度-超薄肉管を量産化しております。メタルスリーブは、ステンレスはじめ、ニッケル合金、クラッド材、チタンなど、様々な材質に対応しています。

Seamless

メタルスリーブの製造特許

温間深絞り加工と特殊回転塑性加工を複合した製法です。パテントは日本、アメリカ、ドイツ、フランス、イギリスに登録済みです。

メタルスリーブの製法

メタルスリーブの加工例Example

超薄肉シームレスパイプ

超薄肉シームレスパイプ

板厚40μm以下の超薄肉加工を実現することで、樹脂フィルムのようにスリーブを撓ませて使用することが可能となります。耐熱性、耐食性、耐摩耗性、剛性に優れています。

直径φ18mmからφ45mmまで
板厚27μmから100μmまで
全長420mmまで
薄肉シームレスパイプ

薄肉シームレスパイプ

他工法では実現困難な板厚100μm以下の薄肉加工を実現、耐熱強度や耐食性を備えた薄肉シームレスパイプとしてご使用いただいております。

直径φ10mmからφ30mmまで
板厚100μmから300μmまで
全長420mmまで
小径・超薄肉シームレスパイプ

小径・超薄肉シームレスパイプ

小径・薄肉用途でのシームレスパイプになります。最小径でφ3、最小厚みでt15μmを実現しており電気機器、医療機器、自動車の部品としてご検討いただいております。

直径φ3mmからφ10mmまで
板厚15μmから100μmまで
全長400mmまで
小径・超薄肉シームレスリング

小径・超薄肉シームレスリング

小径・薄肉用途でのシームレスリングになります。最小径でφ3、最小厚みでt15μmを実現しており医療機器の部品としてご検討いただいております。

直径φ3mmからφ30mmまで
板厚15μmから60μmまで
3mmから
超薄肉シームレスベルト

超薄肉シームレスベルト

耐熱性、耐食性に優れており、更に疲労強度を向上させる処方を施す事により、駆動伝達用ベルトの基材として優れた特性を示しております。

直径φ20mmからφ160mmまで
板厚15μmから60μmまで
全長3mmから400mmまで
ソコ付きシームレスケース

ソコ付きシームレスケース

底部・円筒部に溶接部が無いため耐食性に優れており、厳しいご使用環境において優れた特性を示しており、電池用ケースとしてご検討いただいた実績がございます。

直径φ20mmからφ60mmまで
板厚50μmから300μmまで
全長50mmから400mmまで

メタルスリーブの製造仕様

製造可能仕様

直径φ3mmから
板厚10μmから300μmまで
全長400mmまで
表面粗度Ra≦0.3μm

※長さ、板厚は直径によって異なります。

製造可能材料

ステンレスSUS304・SUS316L・SUS430など
チタン純チタン・チタン合金など
ニッケル合金インコネル・モネル・パーマロイ・ハステロイなど
クラッド材SUS-CU-SUS・SUS-CU-NIなど
その他その他金属・合金

※強度、耐食性、熱伝導性、透磁率といった特性に応じて材料を選択いただけます。

用 途

メタルスリーブ 新規用途の研究開発Research and development

遠藤製作所は、OA機器分野で培われた超薄肉シームレスパイプの製造技術を活用して、医療部品、自動車部品、新エネルギー関連分野などの新規用途開発を進めております。

新規用途の開発事例

これら以外にもヒートパイプ、ベローズ基材、IH部品、バネ部品としてご検討いただいております。
お客様の新しいニーズに応じた高性能なメタルスリーブを開発、ご提供いたします。

メタルスリーブを用いた従来技術からの転換

メタルスリーブ活用の一例として、プリンターの定着ローラー部品が上げられます。この定着ローラー部品では、従来の樹脂製から、金属ならではの高い強度と熱伝導性を持つメタルスリーブへの転換を実現しました。実用化にあたっては、製品開発だけでなく、製造装置の設計・製造もすべて自社にて手がけ、コスト面でも圧倒的な競争力を生み出しました。

他にも、バッテリーケース、モーターカバー、シームレスベルト、シームレスリングなど新規開発案件が多数あります。従来ご採用いただいていない分野においても新しい付加価値を提案できると確信しています。

品 質

Quality inspection

検査・測定設備

メタルスリーブの開発を進めるために必要な、様々な検査・測定設備を所有しています。一例をご紹介します。

円筒度測定機:メタルスリーブの寸法精度を3次元で測定します

回転疲労試験:メタルスリーブの疲労強度を独自の試験方法で測定します

円筒度測定機
円筒度測定機
回転疲労試験機
ベルト疲労試験

新 製 品

[新製品] 高熱伝導メタルスリーブnew product

遠藤製作所が開発した「高熱伝導メタルスリーブ」は、独自の加工技術に基づき、
様々な材料を組み合わせることで、従来のシームレスパイプを遥かに上回る熱伝導性を実現、
多様な用途に対応することが可能になっています。ここで代表的な事例を紹介します。

クラッド材メタルスリーブ

異種の金属を圧接したクラッド材をメタルスリーブの技術で超薄肉シームレスパイプに加工します。

例えば、「ステンレス・銅・ステンレス」の3層クラッド材を加工する事で、ステンレスの強度と銅の熱伝導性の両方の特性を有した超薄肉シームレスパイプを実現することが可能になります。

製造可能寸法

直径 φ18mmからφ45mmまで
板厚 35μmから100μmまで
全長 150mmから400mmまで

製造可能材料(一例)

ステンレス-銅-ステンレス
ステンレス-銅-ニッケル

熱伝導性の比較データ

他材料のシームレスパイプと比較しても、遥かに高い熱伝導性を有しています。

積層メタルスリーブ

メタルスリーブ技術で加工した薄肉シームレスパイプの表面に用途に応じた金属を積層させます。

例えば、強度が高いステンレス製の薄肉シームレスパイプの上に、熱伝導性の高いアルミ材を積層させることでステンレスの強度とアルミの熱伝導性の両方の特性を有したシームレスパイプを実現することが可能になります。

製造可能寸法

直径 φ10mmからφ30mmまで
板厚 100μmから300μmまで
全長 150mmから400mmまで

製造可能材料(一例)

ステンレス-アルミ
純鉄-アルミ

熱伝導性の比較データ

ステンレス単独の薄肉シームレスパイプに対してアルミ層が熱伝導性を補完しています。
表面に積層させる金属の特徴により、耐食性や透磁率といった特性を付与することも可能です。

関連リンク

NC NETWORK ipros フューチャーシップ

メタルスリーブ事業に関するお問い合わせ

TEL:0256-63-6611
E-mailst-eigyo@endo-mfg.co.jp メタルスリーブ担当営業まで