ホーム > ゴルフ事業

最新技術を取り入れたエポンゴルフとトップブランドのパートナーとして

ゴルフ事業についてGolf business

こだわり続けてきた鍛造技術と
一貫生産システムが実現する高性能・高品質な製品

遠藤製作所は鍛造ゴルフクラブヘッドのメーカーとして、コアテクノロジーの鍛造製法により、心地よい打感と、飛距離性能に優れたゴルフクラブヘッドづくりを行っており、その確かな品質は、自社ブランドのエポンゴルフとして国内では高いブランド力を確立し、海外にも広げています。

また、顧客ブランドによるOEM生産も行っており、トップブランドから高い評価をいただいています。当社は取引先からの要望に迅速に対応できるグローバルな製品開発体制と量産体制を有しています。

Golf manufacturing

ENDOの技術力

製造工程

下記ボタンをクリックすると該当箇所へ移動します。

  • 製品開発
  • マスターモデル製作
  • 金型製作
  • 精密鍛造
  • MC/溶接
  • 研磨
  • メッキ/塗装

01製品開発

取引先ブランドの製品コンセプトに、遠藤製作所の設計ノウハウと製造技術を活かし、製品の仕様を練り上げます。高度なCADモデリング技術やシミュレーション技術を駆使して、コンセプトを実現するための製品開発を行っています。

02マスターモデル製作

依頼を受けたゴルフクラブヘッドはCADモデリングを行った後に、ひとつひとつ原形となるマスターモデルを製作。打感や打音といった人間の感性の部分までも確かめるものづくりを行っています。

03金型製作

マスターモデルの三次元データに基づき鍛造金型を自社内で製作。精密な加工により、鍛造金型をつくり上げていきます。ものづくりの命となる金型を内製化することで取引先ブランドの要望に迅速にきめ細かく対応しています。

04精密鍛造

素材を加熱し叩いて成型する鍛造工程では、従来の技術を進化させた「精密鍛造製法」により鍛造品を製作。高強度を実現し、高精度な形状と表面仕上がりに優れた鍛造品をつくり出しています。

05MC

鍛造品をマシニングセンターで切削加工し接合面の形状を整えます。溶接には3次元溶接ロボットを使用することにより、ゴルフクラブヘッドのような3次元曲面でも正確に自動溶接することができます。

06研磨

バレル研磨を使用した自動研磨加工と、熟練工による研磨加工を組み合わせることで、複雑な形状においても滑らかな表面仕上がりと、マスター形状に忠実な製品形状を実現しています。

07メッキ

ゴルフクラブヘッドの表面にメッキを施します。自動化されたメッキラインや精巧な塗装技術により完成したヘッドは美しく、魅力的な輝きを放ちます。

epon

エポンゴルフは遠藤製作所が手がける
ゴルフクラブヘッドの自社ブランドです。

ユーザーひとりひとりのご要望に合わせてカスタマイズし、
妥協なく満足いただけるゴルフクラブの販売を心掛けています。

エポンゴルフ株式会社へ